チャンピックスがあればあなたも禁煙できます。本当です。なぜなら、禁煙する気もなく、ふざけて私のチャンピックスを飲んだ友人が、私より先に禁煙に成功してしまったからです。彼曰く、「チャンピックスはタバコをまずくさせる」だ、そうです。

チャンピックスとたばこ一式とたばこがまずく感じた男性

チャンピックスでタバコがまずいと感じた人の割合

禁煙したい、という望みを持つ人の数は多いものです。
健康に害があるということはわかっている、しかしなかなかやめることができない、というのがタバコの怖さでもありますが、これらの禁煙を効果的にサポートする薬として近年注目されているものが「チャンピックス」です。
かつて、禁煙治療においての主流は、タバコに含まれる成分と同じニコチンを補充して、タバコ以外の部分からニコチンを摂取することでタバコ自体に対する渇望感やさまざまな副作用を軽減しながら禁煙をする、という方法でした。
これらの方法も一定の効果がありますが、ニコチンを摂取するという関係上それによる影響を考える必要があったり、人によっては使いづらいなどの問題を生じることもありました。
チャンピックスは、このニコチン代替療法とは全く異なる働きにより禁煙を行うという薬であり、画期的な治療の進行が期待されています。
チャンピックスは、服用し始めてから1週間で完全禁煙に入ります。
つまり、逆に言えば飲み始めてからでも1週間はタバコを吸うことができる、ということになります。
むしろこの間はしっかりとタバコを吸った方がいいという人もいるくらいなのですが、その理由はこの間に多くの人が「タバコがまずい」「タバコの味が感じられなくなった」といったような、味の変化に関する感想を抱き、結果禁煙にうまくつなげていくことができるからです。タバコを吸いたいという欲求は、禁煙してからも定期的に現れると言われているため、禁煙治療は長い目を見て治療していく必要があります。
チャンピックスは、期間の設定によってはある程度長く服用を続けるということもできるため、うまく禁煙するための薬として活用の幅があると言えるでしょう。

チャンピックスは正しい使い方がある

禁煙治療で近年特に用いられることが多いチャンピックスは、正しい使い方を覚えておかなければ、薬効が十分に発揮されなかったり、副作用が発現するリスクが高まるので注意が必要です。
特に、外国製医薬品の個人輸入代行サービスを通じてチャンピックスを手に入れた場合は、副作用が発現しても救済制度の適用対象にならないため、必ず用法と用量を守って使用するよう心がけなければなりません。
チャンピックスは、服用開始からの日数によって服用量を変えていくタイプの飲み薬となっています。
まず、チャンピックスの服用をはじめてからの3日間は1日1回、食後に0.5mg錠を服用します。
食後であれば、朝、昼、夕方のどの時間帯でも良いですが、風邪薬などを飲むときと同じ要領で、できるだけ服用するタイミングは固定したほうが良いです。
チャンピックスは、服用開始4日目からは朝食後と夕食後の1日2回、0.5mg錠を1錠ずつ服用していき、これを7日目まで続けます。
そして、8日目からは朝食後と夕食後に1.0mg錠を1錠ずつ飲んでいき、以後はこの飲み方を続けていきます。
喫煙については7日目までは続けられますが、8日目以降は完全に禁煙をしなければなりません。
ただし、7日目が終わるまでにタバコを吸っても満足感が得られなくなった場合はチャンピックスの効果が十分に現れるようになってきているため、この段階で禁煙を開始すると禁煙治療の成功率をより高めることができます。
チャンピックスの基本的な使い方は上記の通りです。
ただし、薬剤に対する忍容性が低い人や重い腎機能障害を持つ人は、最大で0.5mg錠を1日2回服用する形にしないと、身体に重度の異変が生じるおそれがあります。

チャンピックスで禁煙失敗する人も中にはいる

チャンピックスは服用するタイプの禁煙補助剤で8日目以降は1日に2回食後に服用を続け、12週間の服用を続けることで禁煙を可能にしてくれると言った特徴が在ります。
しかし、チャンピックスを服用しても100%禁煙に成功するわけではなく、中にはチャンピックスを服用しても禁煙に失敗してしまう人がいるのです。
失敗するケースの中には途中で服用をやめてしまう事が原因となるケースが在ります。
チャンピックスは、服用開始から12週間飲み続ける事で禁煙時に生じる離脱症状を抑制させながら、ニコチン依存症を治して行く作用が在るため、自己判断で服用を途中でやめてしまうと、ニコチン依存症が完全に治っていない場合などでは、禁煙に失敗してしまう可能性が在ります。
また、途中で止めてしまう理由の一つに、副作用の辛さなどから服用を止めてしまい、禁煙の達成に至らないケースも在ります。
チャンピックスには吐き気を初めとして、頭痛や上腹部痛、お腹のはり、便秘、不眠等の副作用が生じるケースが在り、副作用は100%出る物ではありませんが、症状が強く出てしまう人もいるため、服用をしたけれども副作用に悩まされてしまい、禁煙を続けられなかったと言うケースではチャンピックスによる禁煙が難しくなると言う事です。
また、禁煙習慣と言うのはお酒を飲む事で戻る事も在ると言われています。
喫煙をする人の中にはお酒を飲むと、普段よりも多くの煙草を吸ってしまうと言う人がいますが、チャンピックスを使って禁煙をしているけれども、お酒の席で煙草を吸っている人から勧められて、つい1本だけなら、と言った軽い気持ちで煙草を吸ってしまうと、それが習慣的になってしまい、禁煙に失敗してしまうケースも在ります。